ビジネスなんだから、いい人で終わっちゃだめですよ

買い物をした働く女性

横浜にはお洒落な店がたくさんあります

久しぶりにマリン・アンド・ウォーク(横浜)をワンコと一緒に散歩しました。  

赤レンガ倉庫に隣接する、こじんまりとしたショッピングモールです。

 

最近ではロン・ハーマンなんかも入って、ハワイでも有名なグリーンルームも入っています。

 

雰囲気はいいですね。

 

早くもクリスマスの準備が始まっていて、夜なんか綺麗じゃないかなと思います。

  

オヤジ狩りにあうと嫌なので夜は行かないですけど(笑) 


横浜の一等地なのに集客力が・・・


で、問題が一つあって、お客さんがめちゃ少ないんですよ。

  

たまたまなのかな?

 

キッシュ屋(パイ ホリック)さんはいつも混んでるのですが、それ以外はいつもガラガラ。

 

繰り返しですが、雰囲気はいいんですよ。

 

お前に言われたくないという声が聞こえてきそうですが(笑)、お洒落だと思います。

 

でも・・・ 

 

そこまでなんですよ。

 

合コンで無茶ぶりされるだけされて、挙句の果てには、会計役をまかされている間にお気に入りの子を友達にお持ち帰りされちゃう、いわゆる「いい人」みたいな。

  

マリン・アンド・ウォークってそんな感じなんですよね。 


なんのためのビジネスですか?


マリン・アンド・ウォークの店の集め方って、雰囲気を演出することだけを考えているような気がしてならないんですよ。

 

やっぱりショッピングモールなんだから、お金を落としてもらうようなことを考えないと。

 

お客さんはそれが楽しいんだから。

 

しかも、大手百貨店だって苦戦してるのに、小さい百貨店みたいな作りをしたって無理だって。

 

ちょっと飲食があって、ちょっとアパレルがあって、ちょっとインテリアがあってみたいな。

 

横浜はそんなのだらけだし。

 

三菱が関係しているから、モールの売上を増やすことよりも、雰囲気をよくして街の価値をあげることに重きを置いているのかもしれないけど。

     


と、言うは易しでやってるほうは大変だと思いますが、とにかく「いい感じ」だけじゃ意味ないってことですね。

 

もちろん、いい感じに魅せることはとっても大切です(また後日書きたいと思います)。

 

でも、そこで止まっちゃだめですよね。

 

ウェブサイトとかも同じ。

 

お洒落なものとか、かっこいいものとかたくさんあるけど、製品やサービスを売るためのサイトであれば、買ってもらえないと。 

 

逆に、どんなに見た目が悪くても、買ってもらえればそれでOK。

 

例えば、Two Milesのウェブサイトなんて、見た目のことは一切気にせずに、とにかく営業してもらえるようなサイトにすることだけを考えて作りましたからね(今は多少整えました)。

 

名刺代わりの無意味なサイトにはしたくなかったんです。

 

その結果、ハワイで会計・税務系のキーワードを入れると、だいたいうちのサイトが上位に表示されるようになって、年間に数十万ドルの売上に貢献してくれてますから。

 

表面的な完成度で引け目を感じるのもよくないし、表面的なことで満足しちゃうのもよくないですね。 

 

ビジネスなんだから、根本的な目的を達成することを考えないといけないですね。

 

 

【PR】マリン・アンド・ウォークの近くに、また新しい商業施設が建設されています。

 

「ウリカタとアリカタ」は、横浜とハワイを拠点に、働く女性がもっとリッチになるための情報を発信するサイトです。

 

【対象】

・これからひとりで小さくビジネスを始めようとしている女性起業家

・既に数名のスタッフを抱える女性経営者

・コーチ、コンサルタント、エージェント、セラピスト、その他士業などで営業活動をしている女性事業主

・会社に勤務していて現状を少し変えてみたいという女性ビジネスマン

・飲食店やアパレルショップなど小売店で販売に携わる女性店員

・なかなか一歩を踏み出せない女性

・心のモヤモヤを抱える女性

・ハワイで暮らす夢をもっている女性

・その他、すべての働く女性