· 

何も考えていないスモールビジネスは絶対にかなわないですよ。

ハロウィン関連グッズをネットで販売されている方とお話しました。

 

そのフィールドでは最大手だと思われますが、昨今の物流コストの高騰や、Amazonの強大化で、現行のビジネスの先行きを危惧されていました。

 

そして、危惧するだけでなく、色々とリサーチをして、物流を伴わない新規ビジネスのアイデアをいくつか検討されていました。

 

実行されているマーケティングを伺って、ウェブサイトも拝見させていただきましたが、かなり高いレベルでやるべきことをしっかりされているという印象です。

 

自分でコントロールできる部分はおおよそできています。

 

そんなことで、メインはハロウィンなのですが、それ以外のシーズンのものも販売していて、そのことについてもしっかりと訴求されています。

 

売れている時に売るということです。

 

人はなぜか、お客様を集めるために一生懸命努力するのに、いざ集客ができると売る努力をしなくなってしまいます。

 

そして、またお金と労力をかけてお客様を集めようとします。

 

グーグルやフェイスブック広告を使って1万人にアプローチするよりも、既に集まっている100人に直接アプローチしたほうが効率もクロージング率も絶対に高いはずです。

 

当たり前のことなのですが、意外とできていないようです。

 

売れていることにコントロールされてしまってるんでしょうね。

 

今回お話した方は、ハロウィンという凄まじい数のアクセスが集中する超繁忙期にあって、売れた売れないに一喜一憂することなく、その機会をさらに活用して、他シーズンの訴求を抜け目なく行っています。

 

最大手が勝って兜の緒を締めて、売れている時に売るという当たり前のことをしっかりこなしているわけですから、何も考えていないスモールビジネスがかなうわけないですよ。


このブログを読んでいる働く女性の方たちは、よーく考えて行動するようにしてくださいね。


衝動もいいけど、考動も大事ですからね。


【PR】衝動的なコメントをお待ちしています。

「ウリカタとアリカタ」は”働く女性がもっと豊かになるためのヒント”をテーマに作成されています。

 

【対象】

・これからひとりで小さくビジネスを始めようとしている女性起業家

・既に数名のスタッフを抱える女性経営者

・コーチ、コンサルタント、エージェント、セラピスト、その他士業などで営業活動をしている女性事業主

・会社に勤務していて現状を少し変えてみたいという女性ビジネスマン

・飲食店やアパレルショップなど小売店で販売に携わる女性店員

・なかなか一歩を踏み出せない女性

・心のモヤモヤを抱える女性

・その他、すべての働く女性