· 

「文句言うな!」ってことですよ。

サイトのタイトルを「凄いウリカタ」から「販売の天才と呼ばれた男の凄いウリカタ」に格上げしました。


(2018年11月、サイトの名称を「ウリカタとアリカタ」に変更して、働く女性がもっと豊かになるためのヒントをテーマに発信を続けています)

 

販売の天才と呼ばれた男の・・・って、すごいベタな感じで、しかも昭和臭がプンプンしますよね(笑)

 

なんで格上げしたかというと、そもそも会計士が書いたブログなんて読みたくないじゃないですか。

 

女子高生に言わせたら「こわっ」っていうレベルですよ。

 

でも「販売の天才と呼ばれた男の」と書けば、昭和臭はするものの、会計士が書くブログよりは読む気になると思うんですよね。

 

「ミスチルの桜井さんに似てると言われたことがある男の」とか「彼女との最後の夜にエンペラーというラブホテルに入るのを友達に見られてラストエンペラーと呼ばれるようになった男の」とか、まあそれでもよかったのですが、一応、ウリカタのサイトなので。

 

ちなみに「販売の天才」と呼ばれたのは、友達からとかではなくて、日本橋高島屋とか銀座三越とかのバイヤーからですからね。

 

脱いでも凄くないけど、意外と凄いんですよ(笑)

 

で、話が少し飛びますが、昨日、プロ野球のドラフト会議がありました。

 

ピュアな野球少年たちの人生が、汚れたおっさんたちのくじ引きで決まってしまうわけです。

 

ジャイアンツに入りたい!と思ってたのにロッテかよみたいな。

 

ロロロロロッテ!?みたいな(笑)

     

ジャイアンツとロッテって、福山雅治と桂小金治くらいの差があるじゃないですか。

 

福山雅治に会えると思ってドキドキしてたら、桂小金治が出てきたみたいな。

 

それはいいとして、これって自分ではどうにもできないわけじゃないですか。

 

くじ引きだし、しかも自分で引くわけじゃないし。

 

それでも、意中の球団に入れなかったからといって野球人生が終わるわけじゃないから、そこからまたあらためて頑張るわけです。

 

ロッテだとしても(笑)

 

それに比べて、私たちは、誰かが引いたくじで人生が大きく左右されるようなことって基本的にないと思うんです。

 

1秒1秒を自分で選んでるわけですよね。

 

何が言いたいかというと

 

「文句言うな!」

 

ってことですよ。

 

あれがやだ、これがやだ、矢田がやだって。

 

自分で選んでるんだろって。

 

1秒1秒。

 

会計士だからブログを書いても「こわって」って思われるとか言って、自分で選んで会計士になったんだろって。

 

だったら「こわって」ならないような選択をしろと。

 

ということで、「ラストエンペラーと呼ばれるようになった男」とどっちにしようか迷った結果「販売の天才と呼ばれた男」として格上げをすることになりました(笑)

 

【PR】ロッテはいいチームです(笑)

「ウリカタとアリカタ」は”働く女性がもっと豊かになるためのヒント”をテーマに作成されています。

 

【対象】

・これからひとりで小さくビジネスを始めようとしている女性起業家

・既に数名のスタッフを抱える女性経営者

・コーチ、コンサルタント、エージェント、セラピスト、その他士業などで営業活動をしている女性事業主

・会社に勤務していて現状を少し変えてみたいという女性ビジネスマン

・飲食店やアパレルショップなど小売店で販売に携わる女性店員

・なかなか一歩を踏み出せない女性

・心のモヤモヤを抱える女性

・その他、すべての働く女性