化石のような会社で化石のような時間を過ごしていくのですか?

ZOZOの人事制度に興味があって少し調べようとしたところ、元社員という人達のコメントがたくさん出てきました。

 

テレビ番組の中で「とにかく楽しく」「競争を嫌い」「チームワークを大切にする」など、個人的に賛同できる発言をZOZOの社長が連発していたので、前から気になっていました。

 

コメントを見ると「みんな仲がいい」「競争を意識せずに仕事ができる」「プライベートの時間をしっかりもてる」といったポジティブなものが多くある一方、「成長できない」「給料が上がらない」「サークルみたいでダラダラしている」といったネガティブなコメントも目につきました。

 

ZOZOの社員ではないのでわかりませんが、成長しないとか、給料が上がらないとか、サークルみたいでダラダラしているとか、それって単純に個人の問題のような気がします。

 

とにかく楽しく、競争を嫌い、チームワークを大切にするというバリューを崩さなければ、理屈的には「売上UP ➡ 成長 ➡ 給料UP」の好循環が生まれるはずであって、成長ができないことや、給料が増えないことや、ダラダラすることとは、直接的な関係はないんじゃないかと思います。

 

今、ZOZOの株価が急落しているようです。


新しく展開を始めたオーダーメイドの服に問題が連発しているとのこと。

 

今後どうなるかはわかりませんが、とにかく楽しく、競争を嫌い、チームワークを大切にするということに共鳴して入社された人達には、会社の状況がどうなろうとも、好循環を生み出すバリューを大切にしてほしいと思います。

 

業績の悪化とZOZOが大切にしているバリューとは関係ないと思うので。

 

「楽しいだけでうまくいくわけないじゃん」とか「なんだかんだいってやっぱり個だよね」とか、ZOZOを辞めて、そういう化石のような会社で化石のような時間を過ごしていくのですか?ということですね。

 

とにかく楽しく、競争を嫌い、チームワークを大切にするのって大事ですよ。

 

とりあえずうちのハワイオフィスでは、好循環の理屈を実証して、超ブラックと言われる会計業界の常識をぶち破っていこうと思っています。

「ウリカタとアリカタ」は、横浜とハワイを拠点に、働く女性がもっとリッチになるための情報を発信するサイトです。

 

【対象】

・これからひとりで小さくビジネスを始めようとしている女性起業家

・既に数名のスタッフを抱える女性経営者

・コーチ、コンサルタント、エージェント、セラピスト、その他士業などで営業活動をしている女性事業主

・会社に勤務していて現状を少し変えてみたいという女性ビジネスマン

・飲食店やアパレルショップなど小売店で販売に携わる女性店員

・なかなか一歩を踏み出せない女性

・心のモヤモヤを抱える女性

・ハワイで暮らす夢をもっている女性

・その他、すべての働く女性