· 

資金がまったくゼロでもビジネスを始めて収入を得ることができます

小物やアパレルのオリジナルブランドを立ち上げてビジネスをうまく進めている女性起業家の話を聞きました。


昔から絵を描いたりすることは好きだったようですが、今のビジネスに関わるような学校に行ったり会社に勤めたりしたことはないそうです。

 

例えば「Tシャツを売りたい!」と思えば誰でも売ることができる時代になりました。


理屈的には誰でも・・・という夢物語り的なことではなくて、商品を売ってお金が入ってくる流れを誰でも現実的につくることができるということ。

 

「こんなデザインにしたいんだよね」

 

そんなぼんやりとしたイメージから始まり、それを具体的なデザインにしてくれる人、そのデザインをTシャツに印刷する業者、完成品を着るモデル、それを撮影するカメラマン、その写真をインスタなどに載せてマーケティングするマーケッター、商品を発送する人。

 

今は、10枚や100枚といった小ロットで対応してくれる業者や、売れた分だけ・・・という契約が可能な業者も存在します。

 

デザイナーやカメラマンなども、クラウドワークスなどのマッチングサイトで募集をすれば安く契約できるでしょう。

 

さらに、自分で絵を描いて、売れた分だけ・・・という業者に発注をして、友達に着させて、自分で写真をとって、自分でインスタにあげて、ブログを書いて、売れたら手数料を払うという形態のショッピングサイトを利用して・・・と、すべて自分や友達、すべて無料のツール、すべて出来高契約の業者でかためれば、資金がまったくゼロでもビジネスを始めて収入を得ることができます。

 

と、言うは易しで、実際にはそんな簡単には売れないんですけどね。


ただ、始めなければ「そんな簡単には売れない」ということを知ることもできません。

 

「そんな簡単には売れない」ということを知ることから本当のビジネスが始まります。

 

先ずはやってみることですね。

 

今は本当に小さく始めることができますからね。


【PR】働く女性が小さくビジネス始めるためのお手伝いをしています。

www.mo-consulting.jimdofree/special

「ウリカタとアリカタ」は”働く女性がもっと豊かになるためのヒント”をテーマに作成されています。

 

【対象】

・これからひとりで小さくビジネスを始めようとしている女性起業家

・既に数名のスタッフを抱える女性経営者

・コーチ、コンサルタント、エージェント、セラピスト、その他士業などで営業活動をしている女性事業主

・会社に勤務していて現状を少し変えてみたいという女性ビジネスマン

・飲食店やアパレルショップなど小売店で販売に携わる女性店員

・なかなか一歩を踏み出せない女性

・心のモヤモヤを抱える女性

・その他、すべての働く女性