· 

全力を注げる「何か」を探している人へ

元大阪市市長の橋下徹さんが、討論番組で複数の評論家を論破していました。

 

現場で強烈に仕事をしてきたから、きれいごとだけでは済まされないことをよくわかっているのでしょう。

 

また、最近聴いた講演の中で、強烈な体験が道をつくるというような話がありました。

 

私の場合、強烈と呼べる小さな体験が複数ありますが、中でも、お菓子を売っていた時は本当に強烈でした。

 

たしかに私の道をつくっていると言えるかもしれません。

 

やることが鬼のようにあってそれをガムシャラにこなしていたという類のものではなくて、「自分じゃなきゃだめだ!」という強烈なモチベーションに動かされて200%主体的に全力を出すという経験です。

 

例えばデパートの催事場でお菓子を売っている時のことです。


在庫がなくなりそうになると冷凍庫まで商品を取りに行かなければいけないのですが、私が売り場を離れると途端に行列が途絶えてしまうため、それが嫌で、猛ダッシュで階段を駆け下り、20kg以上ある重い荷物を肩にのせて、また猛ダッシュで階段を駆け上っていました。


そして戻ったらすぐに呼び込みを再開して、そんなことを、閉店の音楽が館内に流れて他の店が片づけを始めている時まで、連日連夜ずっと続けていました。

 

朝から晩まで水一滴も口にせずに一日中叫び続けていましたので声は枯れてしまって、常に消費者の心理を考えながら動いていたので頭も疲れて、疲労困憊が極限までいっていたせいで食欲も無くなっていたので、ビールだけガーッと飲んで、風呂に入る気力もなく、そのまま毎日速寝していました。

 

私はあくまでも従業員で、1つ売ったらいくらというような歩合制の給与体系でもありません。

 

アホみたいにストイックにやる必要もなかったのですが、結果を出すことがおもしろくてたまりませんでした。

 

と、文章で書いてしまうとそれまでなのですが、本当に凄まじい毎日を過ごしていました。

 

セミナーをやる時も同じで、例えば私の会計セミナーにご参加いただければお分かりになるかと思いますが、200%主体的に全力を出していますので、セミナー中に5Kgくらい痩せたんじゃないかと思えるくらい、終わった後にはどっと疲れが出ます。

 

熱男ですからね。


会計セミナーとか言っておいて、8割くらい会計以外のこと喋ってますから。


タチの悪い詐欺ですよ(笑)


橋下さんも同じでしょう。200%どころではないと思いますが、主体的に全力を出した人に評論家が何を言ってもかなうわけありません。

 

200%主体的に全力を出せる何かに取り組めば間違いなく得るものがありますよと言いたいところなんですが、現実問題として、その「何か」を見つけることは簡単ではないんですよね。

 

で、6時間特別集中講座は、200%主体的に全力を出せる「何か」を探している人のために用意したコンテンツです。


サクッと読んでみてください。

 

凄いウリカタ6時間特別集中講座

 

寝食の時間も惜しむくらいに熱をもって「何か」に取り組むきっかけになると思いますよ。


【PR】短時間でベースを作りますので、働く女性にもぴったりです。

「ウリカタとアリカタ」は”働く女性がもっと豊かになるためのヒント”をテーマに作成されています。

 

【対象】

・これからひとりで小さくビジネスを始めようとしている女性起業家

・既に数名のスタッフを抱える女性経営者

・コーチ、コンサルタント、エージェント、セラピスト、その他士業などで営業活動をしている女性事業主

・会社に勤務していて現状を少し変えてみたいという女性ビジネスマン

・飲食店やアパレルショップなど小売店で販売に携わる女性店員

・なかなか一歩を踏み出せない女性

・心のモヤモヤを抱える女性

・その他、すべての働く女性