· 

0から上がっていく人へのアドバイス

過去に書いたブログの表題を変更しました。


毎回読んでいただいている方は是非リストを見返してみてください。

 

そこまで気合いを入れて変更したわけではありませんが、特にウリカタに関心をもっていただいている方には、そこそこささるようなシンプルな表題になっているかと思います。

 

ウリカタに関心をもつ方を本気でステージ8にもっていきたいと考えているので、意図的にこのような表題にしました。

 

「このような」というのは、欲や感情を刺激することだけを意図した、きれいごととはおよそかけ離れた内容です。


(2018年11月にテーマを働く女性がもっと豊かになるヒントに変更したので、表題もリライトしています)

 

私自身、表題にあるようなことを日々考え、試行錯誤をして現在に至っています。

 

最初の投稿でも書きましたが、売るということに10段階のレベルをつけるとすれば、私は0から8くらいまでの「売る」を順番に経験し、そのすべての段階で強烈な実践を伴う試行錯誤をして体得した「ウリカタとアリカタ」によって、今こうしてそこそこいい環境で仕事や生活ができています。

 

もちろん世の中にはいきなり7くらいからスタートする人もいます。


そういう人にとってはささることのない表題ばかりですが、私はあくまでも0から上がっていく人に等身大のアドバイスをしていきたいと思っているので、そのために関心を集めやすい表題を据えました。

 

表題で関心を集めるという行為はただの小細工ですが、ファーストコンタクトの重要性を身をもって体験しているので、実践を通してその重要性をお伝えできればと考えたわけです。

 

そのファーストコンタクトを印象づけるために、今回のブログに対して以下のような表題を検討しました。

 

対象はウリカタに関心をもつ方です。

 

1.等身大のアドバイス

2.0から上がっていく人へのアドバイス

3.ささる表題のつけ方

4.ファーストコンタクトの重要性

5.世の中にはいきなり7くらいからスタートする人もいます

 

以下は、私なりの評価と解説です。

 

1.うまくまとまっているようでただの自己満

2.欲を刺激しつつも軽すぎない表現

3.ノウハウ的なイメージが先行して、古さと軽さが出てしまっている

4.当たり前過ぎて、新しい発見が期待できなさそう

5.一見イケてるようで意図がぼやけている

 

ということで、今回の表題は2の「0から上がっていく人へのアドバイス」にしました。


「0から上がって夢を実現するための超具体的な13のアドバイス」というような付け方もありますが、今回はシンプルのいきます。

 

ブログに限らずですが、特にスモールビジネスにおいては、一瞬のファーストコンタクトで次に繋げられなければ致命傷となります。

 

0から8にもっていくためには、きれいごとは抜きにして次につなげることが重要です。

 

という等身大のアドバイスです。


ちなみにこの記事は、ウリカタとアリカタのサイトが働く女性の豊かさをテーマに据える前に書かれていますので、微妙に男臭がしているかと思います。


ブログ用のファブリーズが必要ですね(笑)


【PR】男臭がする女性が増えているようです。

「ウリカタとアリカタ」は”働く女性がもっと豊かになるためのヒント”をテーマに作成されています。

 

【対象】

・これからひとりで小さくビジネスを始めようとしている女性起業家

・既に数名のスタッフを抱える女性経営者

・コーチ、コンサルタント、エージェント、セラピスト、その他士業などで営業活動をしている女性事業主

・会社に勤務していて現状を少し変えてみたいという女性ビジネスマン

・飲食店やアパレルショップなど小売店で販売に携わる女性店員

・なかなか一歩を踏み出せない女性

・心のモヤモヤを抱える女性

・その他、すべての働く女性