· 

商品を見せる前に売る

ダウンタウンの松っちゃんは、何かをする前によく一人笑いをします。


見ている方は、それだけでこの後に起こるであろう何かおもしろいことを期待し、そして、笑う準備を始めます。

 

松っちゃんはこの準備の時間を少し長めにとって、表面張力だけで笑いを支えているような、一種の緊張状態にまで視聴者の心理を誘導します。

 

表面張力でこらえている状況ですから、ほんの少しの刺激、例えば鉛筆をそっと机の上においただけでも笑いが溢れてきてしまうというわけです。

 

さらに、鉛筆を机の上に置く時も一人笑いをしてだめ押しをします。

 

屁なんてこいた日には、溢れるどころか大洪水です(笑)


松本人志という存在と一人笑いだけでメインコンテンツを即興で作り上げ、視聴者もそれをメインコンテンツとして受け入れてしまうのです。

 

これはとても重要で、コンテンツ(商品やサービス)の力ではなく、そこに至る過程において感情を揺さぶり、視聴者や消費者が勝手にコンテンツを価値あるものとして受け入れてくれる状態にもっていくという、多くのビジネスマンが疎かにしていると思われる作業と言えます。

 

女性の方は屁をこく必要はありませんが(笑)、こういう部分をしかっりとケアしつつ、コンテンツに磨きをかけていく必要があります。


【PR】コンテンツが必要ですか?

www.mo-consulting.jimdofree.com/affiliate

「ウリカタとアリカタ」は”働く女性がもっと豊かになるためのヒント”をテーマに作成されています。

 

【対象】

・これからひとりで小さくビジネスを始めようとしている女性起業家

・既に数名のスタッフを抱える女性経営者

・コーチ、コンサルタント、エージェント、セラピスト、その他士業などで営業活動をしている女性事業主

・会社に勤務していて現状を少し変えてみたいという女性ビジネスマン

・飲食店やアパレルショップなど小売店で販売に携わる女性店員

・なかなか一歩を踏み出せない女性

・心のモヤモヤを抱える女性

・その他、すべての働く女性