· 

最近、力をいれていること

ここ1、2ヶ月の間「緊急ではないけど重要なこと」に力を入れています。


このフレーズは7つの習慣という本にも登場してきますが、私にとってのそれは、色々なものをオンライン化・システム化するということです。

 

バラバラになっていた情報をフローの中で整理し、また、考え得るいくつかのケースを想定してそのフローに滞りが出ないようにしていきます。

 

こうすることで、今までつぎはぎで行われていた業務が、より体系的に、より効率的に進められるようになっていきます。

 

かなりの時間と労力を費やしていますが、一旦システム化をすれば、あとは極端に言えば寝ていても物事が進んでいきます。


そして、よりよいアイデアが浮かんだ時に、都度、システムを改良し、どんどん充実させていけばいいわけです。

 

一旦オンラインに乗せてしまうと、この充実させるという作業も容易になります。

  

ハワイにいる女性スタッフの協力が今回の取り組みを後押ししてくれているのですが 、「緊急ではないけど重要なこと」に取り組まないと、結局、2年経っても3年経っても同じことをやっているはめになりかねません。


私自身がそれを体験していますから。


もちろん、知識や技術や給与は少しづつ上がりますが、やってることが変わらないというのは非常にリスキーな状態であると考えています。

 

今まではそれでも通用したのかもしれませんが、もうそういう時代ではなくなってきているからです。

 

目の前のことだけに意識を向けていると、そのうち目の前のことは誰かが何かが処理をするようになって、いざ目の前のものがなくなった瞬間に「で、私は何をすればいいんだろう?」となってしまいます。


これって、かなりやばい状態ですよね。

 

誰かに何かに処理をされる前に、誰かに何かに処理をまかせるようにして、自身の状況をより自由な状態へシフトさせて、やるべきことに注力できるようにしていかないといけないですね。

「ウリカタとアリカタ」は”働く女性がもっと豊かになるためのヒント”をテーマに作成されています。

 

【対象】

・これからひとりで小さくビジネスを始めようとしている女性起業家

・既に数名のスタッフを抱える女性経営者

・コーチ、コンサルタント、エージェント、セラピスト、その他士業などで営業活動をしている女性事業主

・会社に勤務していて現状を少し変えてみたいという女性ビジネスマン

・飲食店やアパレルショップなど小売店で販売に携わる女性店員

・なかなか一歩を踏み出せない女性

・心のモヤモヤを抱える女性

・その他、すべての働く女性