· 

成功している会社のミーティングはこんな感じです

今まで色々なミーティングを見聞きしてきました。


思わず引き込まれてしまうようなミーティング、退屈でスマホをいじりたくなるようなミーティング、井戸端会議のようなミーティング。

 

とあるベンチャー企業のミーティングなどはとても興味深いものでした。

 

販売促進や新規プロジェクトなどのポジティブな内容から、クレームや人事の問題などのネガティブな内容まで議題は様々でしたが、進行、熱量、そもそもに戻れる冷静さ、役割、深堀り、互いの配慮、個々人の学習、理解、思考の多面性、積極性、互いの発言の本質に対する洞察など、成長する企業とはこういうものなのかと、そのレベルの高さをまざまざと見せつけられました。

 

一言で言えば「期待ができるミーティング」ですね。

 

そして、期待通りに、その企業は成長をし続けています。

 

ミーティングはチームや企業そのものであるような気がします。


もちろんベンチャーなどは夢を追いかけているという勢いがありますから、必然的に熱量は高くなる傾向にあると思いますが、熱量以外にも、ミーティングにおいては以下のような点がポイントであると考えています。

 

▶参加者に正解を求めていないか

▶参加者が正解を言おうとしていないか

▶促す、まとめる、戻すことができる人がいるか

▶ミーティングの目的を参加者が明確に理解しているか

▶ミーティングによって事態に変化が生まれることを参加者が楽しんでいるか


うちのスタッフは女性ばかりですが、みんな積極的に意見を出し合ってくれて、結構いいミーティングができてるんじゃないかと思っています。


期待できるミーティングから生まれる、期待できるチームや企業。

 

そんな逆からのアプローチもありかもしれませんね。


【PR】必要であればミーティングに参加しますよ。

「ウリカタとアリカタ」は”働く女性がもっと豊かになるためのヒント”をテーマに作成されています。

 

【対象】

・これからひとりで小さくビジネスを始めようとしている女性起業家

・既に数名のスタッフを抱える女性経営者

・コーチ、コンサルタント、エージェント、セラピスト、その他士業などで営業活動をしている女性事業主

・会社に勤務していて現状を少し変えてみたいという女性ビジネスマン

・飲食店やアパレルショップなど小売店で販売に携わる女性店員

・なかなか一歩を踏み出せない女性

・心のモヤモヤを抱える女性

・その他、すべての働く女性